狩猟採集新時代

大手上場企業を不動産投資で脱サラした30代が綴るライフログ

最寄りの銭湯でデンキウナギ級の電撃を味わった話

f:id:Oppekepe1900:20200704230541p:plain

 

引っ越しました。

 

引っ越し作業でとても疲れたので、

新居最寄りの銭湯に、サッパリとキメに行きました。

 

 

銭湯といえば、必要十分な広さの浴槽を備え、

良いところだとジャグジーなんて置いてあったりします。まるで健康ランド

さらに、ビンの牛乳やコーヒー牛乳を置いている店は、

一目おかれます。

 

それでいて、料金は東京都だと470円なので、

なんともコスパがいい体験です。

単身のときは、月に二回程度銭湯に行って、

ゆったりと入浴を楽しんでいたものです。

 

 

本日、結構ひさびさに行ってみたのですが、

やはり気持ちよいですね。

 

ジャグジーで激流に翻弄されたり、

備え付けのシャンプーの洗浄力の高さに驚き、

それはそれで私は満足していました。

 

 

しかし、ふと目をジャグジーの隣にやると、

 

 

電気風呂(ヘルツバス)

 

 

という、とても刺激的なエリアが存在していました。

 

で、でんき、ぶろ?

名前は知っていましたが、

なんとも暴力的な言葉が、

官能的な想像をかきたてます。

 

31年と少し生きてきて、

そういえば電気風呂って味わったことないな

ということに気づきました。

 

いうても少しピリピリするくらいっしょ

と完全にタカをくくって、入ってみました。

 

 

 

おおおおおおおおおうふ

!?!?!?!、??!!??る

 

 

手が

勝手に、曲がっていく。。。!

アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

 

 

もんのすごい刺激なのです。

よく、「雷に打たれたように」

という表現がありますが、

一瞬の刺激というよりは、

グオオオオオオオオオオっと、

痺れに包まれる感覚があります。

 

心臓の弱い人は、下手すりゃライフ失うし、

逆にぽっくり逝った人も蘇生するんじゃないかというレベル。

これ設定大丈夫かな?と思いました。

 

 

間違いなく電気椅子より強いでしょう。

わたしは電気椅子経験したことないのでわかりませんけど。

 

 

構造はシンプルで、

サイドのジャクジーのように両脇が壁になっていて、

電極の発生器のようなものが左右にそれぞれついています。

 

電極から離れるほど、つまり真ん中に行けば行くほど、

電気の刺激は弱くなりますが、

電極にどんどん体を近づけていくと、

刺激がメチャクチャ強くなっていきます。

 

 

腕や腰を近づけてみたのですが、

ツるんじゃないかと思うくらいです。

 

ふつう、湯舟に浸かっていたら、極楽極楽という顔になるものですが、

湯舟の中で顔をゆがめながら僅かにニヤけている男を見て、

きっと周りの入浴客は恐怖したことでしょう。

 

 

電気ウナギは、電撃で獲物をしとめると言いますが、

しとめられた獲物の気持ちが分かりました。

 

ちょっと癖になりそう(照

 

 

以上

なんで朝早く起きて期日前投票したんだろう

東京都知事選の、

期日前投票に行ってきました。

 

なぜなら、引っ越しの兼ね合いで日曜日に投票出来ないからです。

 

 

投票に関しては、

お恥ずかしい話、ニートになるまで殆ど行ったことがありませんでした。

 

ニートを経て、起業やビジネスを学び始め、

世の中のことを少しずつ知っていくと、

実は世の中で起こる色々な不都合は、

人の無関心からきているのかも、

と思うようになりました。

 

 

無関心なところに漬け込む人の悪意が、

一番悪いのは言うまでもありませんが、

『どうせ変わらない』という無関心が、

そうした絶望的な土壌を生んでいる原因の一つなのかも、と感じてしまったのです。

 

 

なので、今回も、

やらなきゃいけないかも

という、謎の見えない力に押された形で、

自然と時間を作って投票所に足を運んでいました。

 

 

 

自分の一票か何かを変えるという可能性より、

"参加する意志"を示したことが、

大きな意義があるように思えます。

 

特に、今回のシーズンは、

感染症の対応に関する行政のあれこれが

良くも悪くも明らかになったので、

投票率は少し上がるのではないか、

と予想しています。

 

 

選挙に出馬するリーダーたちの気持ちは

全てはわかりませんが、

選挙に出るのは決して楽ではありません。

金も時間も労力もかかります。

 

そんだけ労力をかけた人たちは、

少なくとも選挙シーズンは私たちよりパワーがあるのは間違いありません。

私たちは選挙に出てないのですから。

 

 

 

そんなパワーのある人たちの中から、

パワーを継続できる人を見極めてあげても、よいのではないかと思います。

そこを無関心でスルーしない、

最低限の自尊心はもち続けたいと思います。

 

以上

借金まみれで社会人デビューすると、会社から刺されるかもしれないという話

会社をやめる=死、失敗、挫折

こう感じていたときが私にもありました。

 

私は、大学生活は金稼ぎのセンスがなく、

社会人デビューしたときは、

奨学金、親への借金、元カノへの借金、

歩く負債マシーンでした。

 

 

新入社員のころ、

労働組合向けの雑誌に、新入社員全員の写真と一問一答が載せられるときがありました。

 

質問の内容は『初任給の使い道』

 

 

わたしは、一点の迷いもなく、

バカ正直に『借金返済』と回答。

 

後日、会社の広報部から電話がかかってきて、

"借金返済、だとイメージが悪いので、

『貯金』に変えてもらってもいいですか?"

とのこと。

 

 

おれぇあ、嘘つきたくねぇなぁ

 

なんてツッパることもできませんでした。

 

 

なぜなら、新入社員の分際で下手なことしてクビにでもなったら

その借金返済という目標すら嘘になってしまうからです。

当時の私はかなーりビクついていました。

 

しかし、いま思い返してみれば、

あの広報部の野郎共は、ファッキン嘘つき野郎共です。

人によく思われたいとか、体裁を気にしすぎるからこそ、

森友問題とかそういうのに発展するのです。

それがいまの日本の闇の根源です。

 

 

・・・・

まぁ冷静になって考えれば、

『借金返済』なんて書いた新入社員、

メチャクチャ目立ちますけどね。

それはそれで良かったんじゃないかなぁ。

 

 

いずれにせよ、

新入社員は飲み会などでお金を使います。

わたしは、初任給が入るまでの間、

キャッシングについてメチャクチャ調べたので、

大学生のみんな、お金に余裕をもって

社会人になれよな!

 

 

以上