狩猟採集新時代

大手上場企業を不動産投資で脱サラした30代が綴るライフログ

とんがらし麺との悪魔的な出会いから激辛道に堕ちた話

f:id:Oppekepe1900:20200630234402j:plain

 

とんがらし麺

 

今でこそ、激辛ラーメンが増えてきてしまい、

すこしマイナーな存在になってしまいましたが、

このカップ麺は、私が小学生の頃からあった、

息の長いラインナップでもあります。

 

特徴としては、スープが辛いだけではなく、

麺に唐辛子が練りこんである

という、なんともピーキーな仕上がりです。

 

 

発売当時、テレビCMでうたわれていた、

麺に唐辛子が練りこんである

というフレーズに、当時小学生だった私は

とても恐怖を感じていました。

当時は、そこまで辛い物を食べたことが無かったのです。

 

いや、赤いのはめっちゃ辛いんだろうけど、

そんな辛さが麺にまであるなんて、もう逃げ場ねぇじゃん

スープをすすっても麺をすすっても、どう転んでも辛いのです。

いや、そんなメニューなんて・・・

 

そんなメニューなんて・・・・

 

 

ちょっと食べてみたいかも。。。

 

 

 

 

人は、時に並々ならぬ好奇心を発現させ、

まるで何かに憑りつかれたかのように、

大きなチャレンジへと踏み出します。

 

その時の私は、遥か太平洋に浮かぶ島々を目指した

古代のマオリのように、

イオニア精神を体現した存在でした。

 

そうして、母の緩やかな制止を退け、

スーパーで買ってもらって、一口食べてみたのです。

 

 

・・・思えば、あれが激辛道に堕ちた瞬間でした。

以来、刺激を求めるマシーンと化してしまったのです。

これはある意味脳の機能の変質といっても過言ではないでしょう。

 

小さなきっかけで、人生が大きく変わることを

日清のカップラーメンは、教えてくれました。

 

とんがらし麺よ、

貴様はよくも私を堕としてくれたな。

まぁ、遅かれ早かれ出会っていただろうけども。

 

 

と、そんなことを

久々にとんがらし麺を食べて思いました。

パッケージめっちゃ変わってますが、

あの時体験した刺々しい味はそのままでびっくり。

 

 

以上

食べログさんが引導を渡すときがきた。GMBとIGの台頭

f:id:Oppekepe1900:20200628234002j:plain

 

食べログ、みんな使っていますよね。

3.5を上回ると、いわゆる「良い店」「美味しい店」と言われており、

店の良しあしを判断する、一つの基準となります。

 

特に、行ったことのない店を判断するとき、

最強の基準になっているひとも多いでしょう。

何を隠そう、私も少し前まではそうでした。

ただの点数が、行く/行かないを決定づけるくらい、

大きな影響力を持っていたのです。

 

 

しかし、この"食べログの評価"について私は、

最近あまり信頼できないんじゃないか、と考えるようになりました。

 

その一方で、調べ方によっては圧倒的に信頼できるな、

と思う評価手法も出てきています。

それはSNSマップアプリです。

 

私の個人的な感想だけにとどまらず、

こう感じる人は多くなってきたのではないでしょうか。

 

 

なぜ食べログは徐々に信頼を失い、

代わりにGoogleやインスタグラムが有用なのか?

その違いは、正直なユーザーの評価を反映しているかどうかです。

 

 

少し前にニュースにもなりましたが、

食べログは登録店舗からのフィー(上納金)によって、

評価点数を上下させているのではないか、

という疑惑が話題になりました。

 

実際、食べログ側が意図的に点数を上下させているかは不明ですが、

一般的に"良い"とされる3.5以上のお店に行っても、

余りにも料理や接客のレベルが低くて落胆したこともあり、

「金額による点数評価」は合ってもおかしくないかも、

と感じてしまいました。

 

 

新コロの影響、どの飲食店も固定費を絞っている今、

効果がすぐに見えにくい広告宣伝費を下げたいと思うのは、

当然の結果です。

飲食店から食べログに支払えていたお金も、徐々に拠出が難しくなります。

 

そこで、"お金を払ってくれたら、その分宣伝するよ"

なんていうオークション形式を取り入れて続ける限り、

飲食店からの出費は減っていき、結果まばらになったランキングは、

明らかにユーザー視点からズレたものになっていきます。

 

 

実は、このブログでも紹介したくない最強の居酒屋

東京郊外にあります。安くて量も多く、そして何より美味しい。

10人行ったら10人がまた来たいと思うくらいのレベルです。

 

先日、久しぶりにそのお店を訪れる機会がありました。

店情報を改めて確認したところ、

食べログ評価は相変わらず高くありませんが、

Googleの評価がメチャクチャ上がっていてビビりました。

 

 

おそらく、その居酒屋は、

あまり宣伝しなくてもお客さんがくるので、

食べログにはお店の掲載登録だけして、

ロイヤリティーを一切払っていないのでしょう。

 

しかし、ユーザーからは正当に評価されているため、

グーグルマップ(Google マイビジネス)に表示される数値は、

食べログの評価とは比べ物にならないくらい良いのです。

 

私は、この事実を改めて実感しました。

ユーザーフレンドリーな評価でないと、

長期的に信頼されないのだと。

 

 

Googleマップだけではなく、SNSも同様に参考になります。

特に、インスタグラムのような画像メディアは料理ととても相性が良く、

ハッシュタグによって、特定のお店や料理の情報を得ることができます。

 

SNSの個人アカウントでは、その人が自由で正直な感想を述べています。

個人としての露出が強いので、実情とかけ離れた情報を流すことは、

誰も得しない状況です。

 

結果として、定量的な評価は難しいかもしれませんが、

それなりに正しいユーザーの評価を見ることができます。

(もちろん、企業や店のアカウントとなると話は別ですが。)

 

 

 

ちなみに、ここまで書いておいてナンですが、

私は食べログで飲食店を探すことが今でもあります。

しかし、点数はあくまでも参考程度に、

店の雰囲気やメニュー、グーグルの評価も確認します。

 

ユーザーの声が何より大事な世の中、

それらを正しくユーザーに還元される企業が評価されるのは、

当然といえば当然の話ですよね。

 

 

以上

外食だらけの生活習慣で味覚がマヒしたことを実感した話

f:id:Oppekepe1900:20200624232541p:plain

 

単身サラリーマン時代、

外食がほとんどでした。

 

しかも、一人でそんなに良いモン喰ってもしょうがないと思い、

適当な飲食店で済ましていたのがほとんど。

牛丼屋、そばうどん系、ファストフードといった

外食チェーンを頻繁に利用していました。

 

 

そして、昨年からニート生活に突入し、

ヒマな時間を使って自炊の頻度が上がりまくりました。

流石に料理が日常行為として慣れてくると、

余っている野菜を使ってテキトーに作った料理も、

まあまあそれなりに美味しく出来るもんです。

 

ぶっちゃけ、料理はセンスではなくて慣れなので、

ある程度やれば、誰でもそれなりに美味しく作れるようにはなります。

もちろん、野菜も高級ではなく、その辺のスーパーのヤツで十分です。

 

自分で作ったものを食べるので、

日の通し具合や味付けの感覚がよくわかり、

それによる味の変化に敏感になってきました。

 

 

そうこうして、今日偶然機会があったので、

前職のサラリーマン時代によく食べていた外食チェーン店のメニューを

久々に口にして、とても驚いてしまいました

 

まず、野菜の味が全くしないのです。

肉の味もとても薄く、脂分だけを感じます

単純に、"質が落ちた" 可能性はありますが、

どちらかというと、味そのものは変わっていないようで、

"気づいてしまった" という感覚が強かった印象です。

 

 

よくよく考えてみれば、生野菜なんて

廃棄ロスや管理コストがかかってしまう上、

季節による仕入れコストのリスクもあります。

 

外食チェーン店のような低価格のメニューでは、

生野菜なんて提供できないことなんて、

頭ではわかっていましたが、それを"舌"で感じてしまいました。

 

収穫したての野菜は、別に高級野菜では無くても、

バクバク食べられるくらい美味しいモノです。

刺身と同じで、もぎたては鮮度が桁違い。究極の旨味があります。

自分の畑を持っていたころ、虫はなんて贅沢なんだと感じました。

 

 

 

かつて、外食ばかりしていた生活の時は、

正直何もわかりませんでしたが、

実はかなり味覚がマヒしていたんじゃないか、と感じます。

 

ぶっちゃけ、今でもマックのチキンタツタなど、

好きなジャンクフードはありますが、

外食特有の「画一的な味付け」を感じるようになりました。

 

単純に、味覚が加齢によって変化したのかもしれませんが、

今更になって家庭の味のありがたみがわかりました。

なんだか美味しんぼみたいな展開ですね。

 

 

私がそうだったのでよくわかりますが、

単身サラリーマンは、食生活が荒んでいる人が多いと思います。

 

数年前、とあるラーメンチェーン店で、

となりの席の中年サラリーマンが、1杯のラーメンに、

おろしにんにくをスプーン山盛り3倍入れている時は、

目を疑いました。

 

業務用のおろしにんにくなんて、

ニンニクのもつ旨味は失われ、

水っぽい癖の強い匂いだけのモノなのに、

そんなにたくさん入れたら味もクソもありません。

(私も、スプーン1/5くらいは入れていましたが。。。)

 

この人の味覚は、死んでしまっているのだろうか。

当時、そう思った私の味覚も死にかけていたのですが。。。。

 

 

 

仕事で疲れた後、自分の食事くらい、

好きなモノ食わせろという、

単身サラリーマンの気持ちはよくわかります。

 

いつか私が農業関係のビジネスをする際は、

そうした単身サラリーマンの外食習慣に、

何か健康要素を取り入れられるようなことができれば、

理想的だと考えています。

 

 

以上